超初心者向け 仮想通貨取引所への登録〜取引所と販売所の違い

2019年2月12日

 

2018年になってから、なんかやたら周りの友達から「仮想通貨やってみたいんやけど、どうしたら良いん?」と聞かれる。ほんまはめっちゃ簡単やねんけど、説明すると難しく感じるみたいやから友人向けに猿でも分かるぐらい簡単にまとめる事にしたので、良ければ他の方も参考にして下さい。

 

はじめに

 

仮想通貨を買う為のステップ

1.日本円を取引所に入金

2.取引所で買う

だけ。

 

その為に最低限しなければいけないのは

取引所への登録

 

のみ。

 

よく海外の取引所への登録を進めるブログがありますが、あれは既に何かしらの仮想通貨を持っていて海外取引所へ送金できる事が前提です。一番最初はまず日本円で仮想通貨を購入する必要があるので、日本円を入金するため国内取引所へ登録する必要があります。

 

おすすめ国内取引所

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

初めて仮想通貨をはじめるなら、CMでお馴染みのビットフライヤーには登録しておいた方が良い。僕が知る限りビットフライヤーは不正アクセスの被害が無く、万が一不正出金された場合は損害額を補償(上限額500万円)してくれます。また国内取引所の中では各通貨の送金手数料も全体的に安いので今後海外の取引所で様々な種類の通貨が買いたい人にもオススメ。スマホアプリからも簡単に登録できるの点も良い。

 

Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

出川さんのCMでお馴染みのコインチェック。取り扱っている通貨の種類は国内ではトップクラス。コインチェックの銘柄はしっかりとしたプロジェクトを持っているものが多いので、わざわざ海外の取引所に登録せずともコインチェック内だけで十分投資を楽しめる。ただ手数料、特にクレジットカード決済時の手数料がかなり高いので中〜長期で資産を増やす事を目的にしている人にはオススメです。過去に不正ログインの問題などがあったものの、現在はセキュリティー面の改善や被害補償もあるので安心して利用できる。

全然安心じゃなかった 

その他登録しておくと便利な国内取引所

Zaif

最近不正ログインの報告があり、セキュリティーという点では少し不安な面がある。しかし、Zaifは全ての通貨で取引所が利用できるので個人的には重宝している。ただ、アクセスが集中すると頻繁にサーバーがダウンするので、あまり多くの資産は預けておかない方が無難。

 

販売所と取引所の違い

各取引所にはそれぞれ販売所を設けている。取引所とは指値注文ができる場所の事。要するに幾らでどれくらいの量の通貨を買いたいのかを自分で決めることができる

bitFlyerのBitcoin取引所

 

写真はbitFlyerのBitcoin取引所の写真。①は決済された注文の履歴で、上から順に最新の履歴が表示されていく。写真の最新の決済では、17時30分に170万4611円で0.004BTCの売り注文が通った事になっている。

 

②は、注文板。緑で書かれているのが売り板で赤で書かれているのが買い板。写真では、170万5925円で売りに出されているBitcoinの量は1.5BTC。対して170万4611円で0.001BTCの量の買い注文が入っている。取引所では買いたい人の値段と売りたい人の値段がマッチングした時だけ決済される。すぐに買いたいなら売り板の値段で買うこともできるし、自分の買いたい値段で注文して、価格が下がるまで待つこともできる(勿論、相場が下がらない限り=その値段で買いたい人が現れない限り注文が通ることはない)。

 

bitFlyerの販売所

 

一方こちらはbitFlyerの販売所の写真。販売所は取引所と違って、bitFlyerから直接買ったり売ったりする。買値と売値はbitFlyerが提示している値段なのでワンクリックですぐに決済される。ただ、取引所のリアルタイムの相場よりは割高。

①履歴

②購入価格と売却価格

③注文画面

 

要するに、少しでも安く買ったり、高く売りたいなら取引所すぐに売買したいなら販売所。という感じ。ヤフオク利用するかブックオフするかって考えた方が分かりやすいかな 笑。

 

取引所まとめ

ということで「仮想通貨を取引所で売買する」という点だけで見れば、国内取引所では圧倒的にZaifがオススメ。Zaifの日本円との通貨ペアはBTC/ETH/XEM/MONA/BCH。あとここでは詳しい説明を省きますが、取り扱っている全てのトークンも。ただ上で買いた通り、セキュリティー面やサーバーが不安定な事から、一番最初に取引する場所としてはオススメしない(逆にこの2つをクリアできればZaifが国内では最強だと思う)。同様にコインチェックも取り扱い銘柄は多いけど、取引所を利用できるのは日本円とBTCのペアのみ。一方bitFlyerで利用できる取引所は日本円とBTCのペアとBTCとETH、BTCとBCHのペアの3つ。今後海外の取引所に送金する事も視野に入れると、ETHとのペアで利用できる取引所は多いし、BCHは送金手数料が安いのでこの2つが取引所で買えるというのは大きい。

以上の理由から初めての取引所はやっぱりbitFlyerが一番良いと思う。

 

次の記事→各取引所への日本円の入金方法は?