BinanceのIDO銘柄「Raven Protocol」がエアドロップやってるぞ!

投資 By ---

ほーい。久々の仮想通貨記事です。

なんかTwitterで流れてきて面白そうだったので参加しました。

メルアド記入とTwitterフォローぐらいしか無いのでおすすめです。



Raven Protocol(レイヴン・プルロトコル)とは?

分散型取引所、Binance DEXで初の資金調達を行なっている注目の銘柄です。

DEXでの資金調達はICOじゃなくてIDO(Iniitial Dex Offering)って言うんですね、初めて知りました!

分散型深層学習(ディープラーニング)のAIトレーニングプロトコル

と説明されてます・・・なんだそれ?

えぇっと・・・

なんか、めっちゃ効率よくAIにトレーニングできる環境作りにかかわりまっせ!ってプロジェクトらしい 笑

ブロックチェーンを利用することによって計算リソースやデータの共有が可能になるんだって!

AIのディープラーニングって何よ?

めんどくさいけど、調べました 笑

人間も赤ちゃんの時って動物とか見ても判断できないじゃない?でも大人になってくると理解できるようになるでしょ?

それは、今までの経験から学習して、推測できるようになるからです。

同じようにAIも経験・知識がなければ推測できないので、人間にように法則やルールなどを学習する必要があります。それがディープ・ラーニング(深層学習)という手法だそうです。

分かったかな?

で、経験や知識を元に最適な答えを導き出すのがAIってことですわ!(たぶん)

まぁとりあえず、ディープ・ラーニングは学習法のことで、AIは脳みそってことですわ!(たぶん2回目)

結局何ができるんや?

ここですよね。重要なのは。

ディープ・ラーニングでできるようになること

  • 画像認識
  • 音声認識
  • 自然言語処理
  • 異常検知

などができるようになるそうです。

「画像認識」は、顔認証とか自動運転技術とか感情認識に役立ちます。

「音声認識」は、Siriとかアレクサとか、まぁ最近流行りのスマートスピーカー的なアレとかに使えます。

「自然言語処理」とは、機械翻訳とかコールセンターの自動音声に使えるらしいです・・・あ!そういえば最近はNHKの世論調査とかも自動音声で掛けてきよるらしいな!自動イタ電やんけ!!

「異常検知」とは、探知機とかですね。

ま、このように今注目されている分野全ての大元的なアレですね、ハイ….とにかく最先端のすげー奴ってことです。

話をRaven Protocolに戻します

以下、通貨情報です。

  • ティッカー:RAVEN
  • 総合供給量:10,000,000,000 RAVEN
  • プラットフォーム:Binance Chain

以下、現在開催されているIDO情報です。

  • IDO開始日:2019年6月17日~2019年6月18日18時 ※先着順
  • 購入上限:100BNB/人
  • IDO価格:1 RAVEN= 0.00005 BNB(約0.2円)

ってな感じでした!エアドロップ自体はBotでサクッとできるからおすすめですよ!SNSシェアとかのタスクも無いし。


カテゴリー:投資
タグ:仮想通貨