Netflixで観れるストーナーズ・ムービーズ5選

2019年2月12日

ストーナーの意味が分からない人は検索して 笑。

 

1.WEEDS

海外ドラマ。二児の母で未亡人のナンシー(メアリー・ルイーズ・パーカー)が生活を維持する為に密売人となって四苦八苦するドラマ。生活の為にって言うけど、もともと裕福な暮らしをしてて、それを維持する為やから貧乏じゃないし、悲壮感全然無い。コメディー。ナンシーに振り回される家族と、ナンシーの友人で頭のネジの吹っ飛んだ会計士ダグ(ケヴィン・ニーロン)、徐々にサイコパスになっていく次男のシェーン(アレクサンダー・グールド)が見所。日本語役のタイトルは何故か「〜ママの秘密〜」というクソダサい副題がついてる。

 

2.スモーキング・ハイ

原題はパイナップル・エクスプレス。検索すると意味分かると思う 笑。配達員のデール(セス・ローゲン)がたまたま配達先で殺人の現場を目撃してしまい命を狙われてしまうという話。ジェームズ・フランコ扮するソールは密売人で、完全にとばっちり 笑。この2人の友情とアホさ加減が魅力のコメディ。

 

3.トレーラー・パーク・ボーイズ

カナダで大人気のドラマシリーズ。ストーナー・ムービーというより、ハチャメチャなクライム・コメディ。リッキー(写真右)だけが超好き者っていうだけで、なんかストーナー・ムービー的な扱いされてるっぽい。「トレーラー・パーク・ボーイズ: 合法化反対! 大騒動」という映画もあって、それをオススメしようと思ったけど現在公開が終了した模様。個人的にはドラマ本編も全部観てるけど、似非ドキュメンタリー形式で、ダラダラと物語が進むから人を選ぶと思う。スルメのようにじわじわ効いてくるドラマ。ちなみに「スーパー・ハイ・ミー」でお馴染みのストーナー、ダグ・ベンソンやHIPHOP界のレジェンドSnoop Doggも友情出演してる。

 

4.ハイ・ライフ

医療用の大麻ショップを舞台にしたNetflixオリジナルコメディドラマ。笑い声が入るタイプのコメディ。腹抱えて笑うほどでも無いけど、ほっこりして観れる。原題はDisjointed。

https://kkl420.com/disjoint/

5.HOW HIGH

 

メソッドマンとレッドマンというHIPHOP界のレジェンド2人が主役の映画。アホ二人がハイになって繰り広げるドタバタコメディ。ストーリーは正直行って無いに等しい。どこが見所かと聞かれたら正直答えようが無いけど、ブラックジョークが好きなら良いと思う。

 

他にも30日間大麻を吸い続けたらどうなるのかを検証した「スーパー・ハイ・ミー」とか、愛する我が子を救う術を大麻の成分に見出した「イリーガル」という映画だったり、真面目な物も多くあったけど、個人的に好きなので構成すると自然とコメディばっかりになった 笑。中でも最初に挙げたWeedsはぶっちぎり。絶対観た方が良い。後は他に観るもの無ければっていう程度。

 


動画Netflix

Posted by kkl