2019年 今から仮想通貨を買うにはどれが良い?パート2

2019年2月13日

ちょっと間が空いたけど前回の続き

XEM/NEM

ごめんなさい。目新しくなくて 笑。

でもさ、ほんまにNEMは期待できると思ってる。

とりあえずNEM特徴はというと

  • 新規発行(マイニング)が無い
  • トランザクションの承認スピードが速い
  • アポスティーユ(公証)機能
  • Polという独自の承認方式


ざっくりいうとだいたいこんな感じ。


NEMはPolという独自の承認方式を採用しており、ネットワークへの貢献度合いやXEMの保有数に応じて重要度を決定し、NEMネットワークを多く利用する人がより多くの方報酬が貰えるようになっています。

それが「ハーベスト」って呼ばれるNEMの独自のやつ。

具体的には1万XEMをXEMのNanoウォレットに入れて一定期間ハーベスティングって言って、報酬としてXEMが貯まっていくステーキング。

ハーベストをするには1万XEMを一定期間ウォレットに預けといて「既得バランス」っていうのを上げる必要があるんやけど、その話はまぁどっかで検索して 笑。


NEMは個人的にうまいことできてるなーって思うのが、例えばこの「ネットワークへの貢献」っていう点で、より多くの報酬をもらうためにちょいちょいネットワーク利用せなアカンから、XEMの利用を促進できる。


それに、NEMコミュニティーは結束力が強くて、結構国内でも色んなとこでXEMを使ったイベントを開催してるし、2016年にはシンガポールに財団を設立したり国際的な活動をしてる。


たまにNEMについて「コインチェクでの流出で悪いイメージがある」みたいなことを見かけるけど、もうそんなことは関係ないと思う。

コインチェクなんて言っても日本の中のイチ取引所やし、流出事件は別にNEM自体に欠陥があったわけじゃないし。

そして日本でXEMを取引しているのは全体の10%らしい


それにNEMはアポスティーユ(公証)機能やったり、アプリが作れたり、トークンが作れたり色んな用途に利用できるめちゃくちゃ有能!

一時は仮想通貨バブルに乗って200円台まで行ったものの、今は10円以下。

当時はバブルやったから適当に買い漁られて値段が上がっただけやと思う。

要するに前回の価格はNEMが正当に評価された訳じゃなくて、まだまだこれからな通貨なわけで、そのポテンシャルはめちゃくちゃ高いと思ってる。


短期的に見たら、2018年中にくるぞくるぞと言われてた「カタパルト」も結局実装されてへんし。

カタパルトとは簡単に言うと(というかむしろ厳密には分かってない笑)、処理速度がVISAカード並にアップする。

まぁ直近でそんな材料が控えてるNEMやから今の7円くらいで買える今の価格は個人的にはめちゃくちゃ魅力的。

XEMは国内取引所ではZaifで購入することができます。