なぜこうも自己中が多いのか?

2019年2月12日

 

今日電車に乗ってる時に、電車の中から駅周辺を眺めてたら朝から復旧作業に勤しんでる作業員がチラホラ目に入った。

 

昨日の台風21号で俺の家には特に大きな被害は無かったけど、友達とか叔母の家は今だに停電しているらしい。

 

叔母は昨日からウチに避難してて、さっき関電の復旧状況を見るためにTwitter開いたらビックリしたよ。

「ありがとう」や「頑張って下さい」という温かいコメントに紛れてちょいちょい目を疑うようなコメントがあった。

画像は特にひどいコメントをピックアップしたわけじゃなくて、たまたま目についたのを貼っただけで、他にもあった。

 

何なんこれ?冗談なん?本気で言ってるとしたら神経を疑う。

たしかに実際自分の家が停電になって大変なんは分かるし、詳細な情報が見れなくてカリカリすんのも分かるけど、現場の作業員は現在進行形で必死にやってるやん。

 

何でこんな無神経な事言えるんか不思議でたまらん。

作業員の人らだってその辺の人間やねんで?

それが災害起こってすぐに、職務にあたってくれてんのになぁ。

 

基本的に警察は嫌いやけど、それこそ警察の人も近所の国道の信号動いてへんから、朝から笛ピーピー鳴らしながら交通整備してたし、さっき出た時もまだ信号直ってへんからやっとった。

 

他の人地域でも、「昨日停電したから、近所のイオンに蝋燭に買いに行った」って言ってた人もいたし、「母親が病院に勤めてるから急いで病院に行った」って言ってた人もいた。

 

そういう話を聞くと俺なんかは率直に「うわー大変やな」と思うし、災害直後に本人が嫌やのに仕事に向かわせてる企業はくそブラックやと思うし、そんな時ぐらい拒否しても良いと個人的には思ってる。

 

それでも、仕事してる人たちが自発的なのか強制的なのか問わず、そうやって働いてる人たちのおかげで、災害時でも買い物ができたり、復旧が早くなるから感謝してるのも事実。

 

そんな人らに労いの言葉をかけこそすれ、何で文句言うんやろ?

大変な時にわざわざやる気を削いでどうする気なんやろうか?

 

自分が災害発生時にすぐ職場にこい!って言われたらほとんどの人が文句言うやろ。

それは関電の作業員だろうが、何だろうが一緒やと思う。

 

 

てかさ、まぁこれは今回の災害に限ったことじゃなくて前から違和感がある。

 

例えば暴風で電車が遅延したりした時の「ただいま車両の点検中です。ご迷惑をおかけしてすみません」みたいなアナウンス。

 

利用してる俺らの安全の為に点検してくれてんのに「申し訳ありません」って謝る必要ないと思うねん。

 

まぁそれもこれも、こうやってちゃんと仕事してても文句が飛んでくる世の中やからしゃーないんやろうなぁ。なんか悲しいよなぁ。