Zaifトークンは買った方が良いのか?儲かるのか?とBCYの話。

2019年2月12日

Zaifトークンとは?

テックビューロが運営する仮想通貨取引所 (Zaif) でのみ購入可能なトークン。

元々は取引高に応じてプレゼントのような形で配布されていたもので、現在では取引できるようになっている。

COMSAのトークンセールで使用可能であり、Zaifトークンでの購入だとボーナスがあった。

 

まぁ、現状はこんなとこ。

 

 

で、肝心の儲かるのか?

というと、個人的には・・・うーん投機の対象としては微妙。

いや、瞬間的な上がり下がりはあるので、短期トレードならギャンブル程度に買っても面白いと思うけど、中〜長期で持つとなると他にもっと有望な通貨があるし、もしくは同じトークンなら同じZaifで売り買いできるBCY辺りを買ってた方が良いと思う。

 

勿論これからZaifがZaifトークン使って面白い事を仕掛ける可能性は十分あるし、Zaifはけっこう実験的な事してるから(ビットガールズとか魂魄とか)、期待しても良いと思うけど、とりあえず今はCOMSAがが始まったばっかりやしそっちの方で忙しいやろ 笑。

 

どっちかっていうと今Zaifトークンに何かを期待して買うなら、COMSA買い集めれば良いと思う。

 

BCY (Bitcrystals)

 

ちなみにBCYはSpell of Genesis(SOG)っていうアプリ内で使える通貨で、ブロックチェーンを使ったゲーム。

ゲーム内のレアカードはトークン化されるので、それぞれが売買可能っていう。

要するに普通のゲームでは個人がカードの売り買いできひんけど、このゲームはできるという。

Counterwalletっていうトークンのwallet作って連携すれば、トークンカードをゲームで使ったりそのまま売ったりできます。

 

ちなみに俺はローンチ(公開)された時に記念でカード配布されたんやけど、そのwalletのパスワード忘れた(他にもzaifトークンとか色々入ってたのに 笑)

 

カードゲームって世界的に常に流行ってるし、たかがカード1枚に何百万とか払う人がおる世界やから間違いなくもっと流行るやろ・・・たぶん 笑。

 

でまぁ、BCYをBCYとしてそのまま持っとくなら、BCY使ってSpell of Genesisのカードが買えるので限定カードとか買い漁った方が将来的にどう考えても価値がある・・・筈。

 

ちなみにSpell of Genesisの日本版Twitterはこちら