2018年に値上がりする?個人的に期待の仮想通貨

2019年2月12日

2018年に買いだめしようと思ってる通貨たち。

※メモ代わりでざっくり書いてるので興味を持った通貨があったら買う前に自分で調べる事を推奨します。技術的な事はさっぱりわかりませんのであしからず。

 

1.  ADK (Aidos Kuneen)

 

最近よくTwitterでADK(アイドスクニーン)の話題を目にする。調べてみるとどうやら

・手数料なし(又は限りなく0に近い)

・オープンソース

・匿名

・マイニングがない(新規発行なし)

 

だそう。

非中央集権であるBitcoinなどとは違い、基本銀行絡みでオフショアバンク(タックス・ヘイブン)の金を狙ってるみたい。つまり「汚ったねぇ金」や「やっべぇ金」がある人には都合が良いから需要が見込まれると(本来は貧困層でも使えるリモートバンキングをつくる事なのでマネロンみたいな使い方は推奨してないらしい)。

実際「手数料が無料」っていうのは少額決済するのに適してるし、仮想通貨自体がグッと身近になるし。そのうち駄菓子も仮想通貨で買えるんちゃうか、と 笑。

なんかヨーロッパの方はまだそれほど盛り上がってないらしいしっていう情報が耳に掠ったので、これはワンチャンありそうな予感。

 

2. XEM (new economy movement)

日本の取引所でもお馴染みのXEM。主な特徴は

 

・マイニングがない(新規発行なし)

・送金が早い

・ハーベスティングという独自の分配方式

 

って感じ。XEM/NEMに関しては「カタパルト」という言葉をよく目にしますが、カタパルトっていうのが実装されると、セキュリティーが大幅に向上し、送金速度もVISAカードぐらい早くなるそうです。なのでカタパルト実装までは手放す気がない投資家も多いそう。日本人の熱烈なファンが多いみたいなので、爆上げしたMONA同様、爆発する時はいっきに来る(既に着実に価格を上げてるけど)気配。日本の取引所ではZaifCoincheckで購入可能。

 

2018年は基本この2つを持っておこうかなという感じ。あとはBitcoin自体まだまだ価値が上がると思う。

 

あんまり詳しいことは知らんけどLSK(LISK)なんかはプログラム言語がJavescriptやから少しの知識があれば誰でも扱えるっていうのはデカいと思う。今後どんどん面白い事が出てきそうで需要がありそう。

 

この先は気が向いたら少しずつ買い増しする予定(今のところ)。しれっと違うの買ってる可能性はかなり高い。

 

Pot

 

絵を見りゃ分かる。potとはマ◯ファナの隠語。主に個人間で売買する為だけのコインみたい 笑。日本では勿論違法やけど、近年海外では医療用だけでなく趣向品としても合法化するとこが増えてきてるし、コミュニティーは強力。たしかアメリカのコロラド州だったかスマホ産業よりも急成長してるって前にニュース見たし、動く金はデカいから良いんじゃないでしょうか。4月20日はこのコミュニティーにとって特別な日なのでネタ(ダブルミーニング!)で使う為に需要が増えそうと思ったけど、チャート見たところ特に関係なかった 笑。似たようなところではDOPE コインとかもある。

 

Star (stellar)

あと国際送金時の仲介用通貨として使用されているXRP(ripple)てのがあって、なんか他の通貨に比べると「それだけ?」って感じがするけど、SBIとかGoogleが投資してんねんて。でもTwitterとか眺めてるとそんなXRPにも根強いファンがいるみたい。monaもそうやけど根強いファンがいる通貨は底が硬いイメージ。そのXRPの個人版(XRPは主に対象が金融機関)らしいstr(stellar)は、価格も安いしワンチャンありそう。