PageSpeed Insightsの『サーバー応答時間の短縮』は気にしなくて良い?

その他 By ---

アクセスアップの1つとして『PageSpeed Insights』を使ってサイトの表示速度を改善しようとした。



まさかのモバイルが30点台!!

計測の結果なんとモバイルページの表示速度が『38点』…. 何回か計測したらだいたい33点ぐらいやった。

一方PCの方は80点台。一体この差は何なのか….ただでさえ知識が無い俺にはサッパリ。

もともと高速表示がウリのテーマである『luxeritas』を使っているのに何かがおかしい。だいたいどのブログを見ても、モバイル・PCともに80点以上はある。

少なくとも30点台は見当たらん。

サーバー応答時間の短縮(TTFB)とは?

画像を見てもらえればわかるように、このサイトの一番の改善点は『サーバー応答時間の短縮(TTFB)』らしい。

高速化設定については、下記に書いてるようなことは既に全部やっている。

『追加CSS』を記述しすぎたかな?と思って一旦消して計測するも結果は同じ。

色々調べた結果・・・『これはどうしようもない』という結論に達した。

サーバー応答時間の短縮には、PHPのバージョンを上げたり、キャッシュを削除することが有効らしいけど、全部やってるし、他の方法を検索しても出てこん。

てかそもそもPageSpeed Insights気にしなくて良くね?

できることを全部やってしまった後、俺のように悩んでる人はキッパリ諦めた方がいい 笑

いや、知識がなくて解決策が分かっていないと言う可能性もめちゃくちゃ高いんやけど、試しに他の有名ブロガーのブログでチェックしてみたら、同じようにモバイルページの速度が30点台で安心した 笑、いやむしろ俺のが速かった 笑

その人はプログラミングとか詳しそうやから、まぁそういうもんなんかなーと。

そもそも、ブログの記事数少ないときは表示速度も早いしね。

ってことで、解決策を必死に探すの諦めてブログ記事どんどん書く方が良い!って結論に達した!!

その他、WordPress高速化の方法あれこれ

Luxeritasを使用している人はまず、下記の設定を!

<参考サイト>

https://thk.kanzae.net/wp/settings/fast/t1268/

画像サイズの縮小

ちなみに無料のプラグインだと枚数制限があるので、ある程度ブログ記事がある人は無料内に収まらないかも。ちなみに俺の場合は過去記事はプラグインで変換して、新しく投稿する記事については、面倒やけど『TinyPNG』で縮小してから画像挿入をしてる。

 

<参考サイト>

https://requlog.com/self-branding/wordpress/compress-jpeg-png-images/

不要なプラグインは削除する

プラグインもサイトの表示影響しているので、極力使わない方がいい。中でも『WordPress Popular Posts』は結構重いということを知ったので、迷ったものの削除した。もっと軽い『Simple GA Ranking』が良いらしい。

<参考サイト>

http://iblabo.com/wordpress/wordpress-popular-posts-simple-ga-ranking#Simple-GA-Ranking

※ちなみにこのブログにも導入しようとしたところ、『OAuthクライアントID』の設定のところが説明しているブログの内容と違っていて、躓いてる・・・。他のブログ記事も同じ説明やねんけど・・・なぜ俺だけ表示画面が違うのか。

PHPを最新バージョンにする

PHPのバージョンを最新にすることで高速化するそう。なのでこのブログで使ってるX-serverを確認すると、既に最新バージョンになっていた。そのついでにアクセレーター?とか言うやつの設定もしたが、たいした効果は見られない。

<参考サイト>

https://digiyoku.com/server-xserver-speedup/


カテゴリー:その他
タグ:Wordpress