音楽は知識によって見え方が変わるという話

音楽 By ---

先日、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの「STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND」がYou tubeに公式チャンネルからアップロードされた。

この曲は俺にとってある意味思い出の曲で、「音楽は知識によって見え方が変わる」と教えてくれた曲でもある。

以下、ただの思い出話です 笑



初めて聴いた感想はクソダサい

当時、そんなにHIPHOPが好きってわけじゃなかったけど、KICK THE CAN CREWはよく聴いてて、なんとなくHIPHOPっていうものが好きなってきた時やった。

当時の俺の情報源はMTVとスペシャーで、たまに流れるJ-HIPHOPのPVやった。メジャー・アンダーグラウンドとかを意識するどころか、そもそもHIPHOPアーティストというのが何なのかも良く分かっていない。

今みたいにインターネットでアーティスト情報やディスコグラフィーを簡単に探せるような時代でもなかったから、「メジャー」「インディー」「レーベル」「アーティスト関係」「楽曲の発売時期」とか1ミリも分からん状態で、ある意味では今より純粋に自分の中で良し悪しを判断できてたと思う。

そんな知識の無い状態で、ある日突然「STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND」のPVが流れてきた。

見た目はそれっぽいけど、地下鉄とかホテルとか、良く分からん場所で監視カメラ目線の映像。単調なトラックでサビすら無く、ブツブツとよくわからん事言ってるラッパーたち。「なんだこれ」って感じ。

その時の率直な感想は・・・

クソダサい

これに尽きた。

ZEEBRAみたいな分かりやすいのが好きやった俺にとって唐突なNITROはレベルが高すぎた。

当時の俺の中でのコアやと思ってたのは、般若ぐらいやったと思う。

それに対してNITROは何から何まで理解不能やった。

そして、周りにHIPHOP好きな友達もいなくて自分の知識量も知らなかった俺は、自分のことを「結構詳しい奴」と勘違いしてたし、NITROの曲聴いて「絶対売れるわけないやろコイツら」と思った 笑。実際はめちゃくちゃ人気あったのに、そんな事はもちろん知らん 笑。

ちなみにDABOの曲も何曲か好きやった気がするけど、このコンビニの映像見ても「あれ?なんかこの人見た気がするな。同一人物かな?」と半信半疑やった 笑

今思い返しても恥ずかしい 笑

一周回ってクソカッコいい

でまぁ、無意識にラッパーの楽曲をディグり続けた結果、ラッパー自体が少なかったから自然とアンダーグラウンドに向かって知識が増えてきた。

そうすると、初めはクソダサいと思ってたグループが凄い人たちだったと知る事になる。でも相変わらず「身内ノリの気持ち悪い集団」という認識で、マニアック過ぎて理解できなさそうやからずっとアルバムは聴いてなかった。

でまぁ、それからどんな風にHIPHOPをディグっていったのかは忘れたけど、色々聴いてきた結果、何かの拍子でNITROの楽曲の1つにめちゃくちゃハマった。

「この曲はイケてるな」、そういう評価に変わってから拒絶反応が凄かった「STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND」を聴いたら・・・めちゃくちゃカッコよかった 笑

「え?なんで当時の俺はコレをダサいと思ってたん!?」ってビックリするぐらい 笑

NITROがダサかったんじゃなくて、NITROの良さがわからんかった俺がダサかったんやな、と。

雷?何そのオタクっぽいの?

ちなみにKIMINARI-KAZOKU(雷)に関しても同じ印象やった。

雷に関しては、めちゃくちゃ覚えてるんやけど、楽曲より先にアルバム「330 More Answer No Question」が出た時のインタビューで、Twigyを真ん中にメンバーが囲む形で服屋?に座ってたやつを見た。

「俺たちの楽曲のクォリティーについて来れる映像監督がいない」みたいなコメントと、”330″と入ったスタジャンを持ったTwigyが数字を指差して「お前は”330”の意味を分かってるだろ?Yo! 330」と言うと、周りのメンバーも合わせて「330! 330!」という意味わからんフリースタイル的なノリをしてた。

その様子を見てた俺は「いや、誰やねんお前!なんでそんな大御所気取りやねん!」と思った。実際大御所やのに、そんな事知らん俺は、Twigyの事を痛い奴として見てた 笑

で、その後に「雷おこし」のPVが流れた。

・・・映像も楽曲もサッパリ過ぎる・・・。

当時中学生の俺にこんなん理解できる筈ないやんけ 笑

でもその雷もすぐに「カッコいい!」と思うようになったんやから、HIPHOPの世界っていうのは不思議。

当時、ガラケーのアドレスにtwigyって入れてたぐらい好きになったし 笑

結局

思い返してみると凄いよね。

知識の無い状態で聴いたら「ダサい」って思った筈のものが、どんどんカッコよく見えるなんて。

もしかしたら雷にしろ、NITROにしろ、もともと洋楽から入った人にとっては最初から「カッコいい!」と思えたかもしれん。

でも、俺はむしろ日本のHIPHOPを聴いてから向こうのHIPHOPを少しずつ聴くようになったから、当時のアンダーグラウンドの土臭い感じとか不穏な雰囲気の良さが、最初の頃は全然わからんかった。

評論家じゃないから「どういう理由でカッコいいと思うようになったのか」っていう説明はできんけど、とにかくこんなに見え方変わるんか!?ってほど変わることがあるから、HIPHOPって面白い。


カテゴリー:音楽
タグ:HIPHOP