MyEtherWalletを作ってAirDrop、Bountyキャンペーンに参加しよう

2019年2月12日

 

MyEtherWalletとは?

Ethereumのオンライン・ウォレットで、イーサリアムで作られた様々なトークンを保管する事ができます。

 

トークンとは?

仮想通貨業界の様々なプロジェクトは、資金集めとして独自の通貨を発行する事がほとんどです。各プロジェクトは独自通貨を販売し、出資者は見返りに金額に見合った独自通貨を入手します。独自通貨は将来的には取引所へと上場し、プロジェクトが成功すれば価格が上昇するので大きな利益が期待できます。それが<ICO>と呼ばれるものです。※勿論取引所への上場が中止になったり、取引所での売買価格がICO価格を下回る事もあります。

 

完全にオリジナルの通貨をイチから作るのは大変なので多くの仮想通貨プロジェクトは既成の通貨の仕組みを利用して独自の通貨(厳密には通貨のようなもの)を発行します。これがトークンと呼ばれる物です。

 

AirDrop&Bountyとは?

では、トークンが取引所で売買されるようになるには何が必要でしょうか?トークン自体の実需は勿論ですが、まずはある程度の流通量が無いと話になりません。そこで多くの新規プロジェクトは多くの人に少量でもトークンが浸透するようにAirDropやBountyキャンペーンと呼ばれる無料のばら撒きを行っています。勿論、お金を出して買うよりは少量しか貰えませんが、取引所に上場後トークンが暴騰するケースも少なくありません。また、AirDropやBountyキャンペーンには紹介プログラムが付属している物も多くあり、無料で登録できる事もあってアフィリエイト報酬が獲得しやすいのも特徴です。

 

特定の通貨を保持しているだけで貰えるトークンもあれば、TwitterのフォローやRTが条件の物もあり、それぞれに付与される条件は異なりますが、最低限以下の物があると良いでしょう。

 

必要な物

MyEtherwallet

 

あった方が良い物

Twitter

Telegram

Discord

Facebook

 

AirDropやBountyの情報はBitcoin Talk等がオススメです。

 

MyEtherwalletの詳しい作成方法は多くのブログで取り上げられているので、ここでは省略します。リンク先のブログで詳しい方法を解説して下さっていますので参考にしてください。

https://warucoin.com/wallet/myetherwallet/tukaikata-2/

 

AirDropやBounty情報は英語のみの記載が多い上、めんどくさい作業をしなければならない物も多いので、下記に比較的簡単に参加できる物を集めました。興味があれば参加してみて下さい。

 

https://kkl420.com/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8air-drop%E6%83%85%E5%A0%B1/