MONA COIN (モナコイン)の使い道

投資 By ---

去年くらいから仮想通貨が流行ってきてるけど、未だに「投機」の対象としてしか話題に上らへんみたいやから、それぞれの仮想通貨に一体どんな使い道があるから書いていこうと思う。ってことで第1回目はMONAコインから。



MONAコインとは?

日本最大の掲示板2ちゃんねるから誕生した日本初の仮想通貨で、ライトコインをベースにしている。

MONAコインの使い道

1. Ask Mona

掲示板。誰でも簡単にスレッドを立てたり書き込んだりでき、利用者間でMona Coinを簡単にやりとりする事ができる。

http://askmona.org/

2. monappy

オンラインウォレット兼ポータルサイト。MONAコインの保管は勿論、MONAコインを使って商品を販売・購入したり、ブログや写真投稿した物に対してMONAコインを送ったり貰ったりできるサービス。

https://monappy.jp/

3. tipmona

Twitter上でMONAコインを送ったり貰ったりできるサービス。MONAコインウォレットを持っていない人にも送ることができ、Twitterにさえ登録しておけば特別な登録や連携は不要。

詳しくは→https://monappy.jp/memo_logs/view/monappy/123

4. Monaparty

Counterpartyというトークン発行システムのMONAバージョン。要するにMonaparyというシステムの上で自分の通貨(厳密にはトークン)を発行することができ、売買が可能。勿論、トークンの発行枚数も自分で決めることができる。価値をつけられるかどうかは自分のやり方次第で、うまくいけばかなり儲かるかも 笑。トークンの作成にはXMPが必要※既に持っている人から貰うぐらいしか入手方が無い。

詳しくは→https://monappy.jp/memo_logs/view/rawbacon/456

5. Monarcard

Monapartyにトレーディングカード要素をプラスしたサービス。Monapartyで作ったトークンに画像をつけてカード化したり、コレクションの様に表示したりできる。

※この間俺も画像作ったのにXMPが必要って知らんかったから諦めた 笑。

https://card.mona.jp/

2ちゃんねる発祥の通貨やからか知らんけど、オタクっぽい感じのカードが多い印象。トレーディング・カードっていつの時代にも流行ってるし、もうちょっとスタートする難易度下がったら流行りそう。

まとめ

こんな感じで、MONAコインはユーザー達自身が自由に開発してMONAコインと連結することができる。どのサービスも一般に流行ってる感じはせえへんけど、こういう利益を度外視した開発者や利用者達がMONAコインの下支えになっていてコミュニティーを強固なものにしてる。俺が仮想通貨に参戦した頃は1MONAがたしか7円台の時で、その頃流石に1MONAが1000円前後が当たり前になる日が来るとは思って無かったけど、こうやって見てみたらMONAコインが暴落したとしても無価値になる日は無さそうやな 笑。これからもどんどんMONAコインのコミュニティーは盛り上がって行くと思う。個人的には1MONA1万円も夢じゃなさそうな気がする。

MONAコインが買える取引所

Zaif

bitFlyer


カテゴリー:投資
タグ:仮想通貨