オシャレな最近のHIPHOPとかREGGAE

2019年2月12日

何となくこの間

たまには男臭くて骨太なHIPHOPとかREGGAEも聴け!

 

こんなん書いたから真逆の奴。

 

13ELL – Ways feat.Cz TIGER

京都のDCAから13Ell(ベル)。孫Gongのリリックじゃないけど、ほんま恥ずかしい事につい最近まで京都はR-Rated以降あんまり良さげなラッパーおらんと思ってた。でも、13ELLめっちゃええやん。悪い意味じゃなくて、幅広い人が聴けそうな爽やかな感じが良い。ってか今、京都熱いなー。13BELLみたいなフレッシュな子に対して真逆の孫Gongもど渋い感じがかっこええし。

 

変態紳士クラブ(WillyWonka × VIGORMAN) – 好きにやる

大阪・・・というか関西で今一番勢いのあるラッパーとDeejayのユニット。この曲初めて聴いた時「いよいよ自分より若い子の曲で背中押されてしまったか」って思った 笑。もうなんせ、WillyWonkaが年々カッコよくなっていくからさ、一体この子の成長スピードどうなってんねん、と。めちゃくちゃヘビロテしてる。

 

罰当 – was good day

この曲も最近寝る前毎日聴いてる。罰当は他の誰より関西弁を自然にラップに取り入れてると思う。リリックも普通にええし。

 

KEIJU – Let Me Know

KANDY TOWNからYOUNG JUJU改めKEIJU。クラブで聴いたら酒だけでトリップできそうやな 笑。

 

MUD – Chevy

https://youtu.be/ZVVKFXF89bs
こっちもKANDY TOWNからMUD。KANDY TOWNの面々は何でこうもオシャレな曲ばっか連発して出せるんか。奇をてらうわけでもなく、無理やりフローをアメリカナイズドしてる感じもせえへんし自然体で良いよなー。クルーでのマイクリレーになると、引っかかりが無くて聞き逃してしまう事も多々あるんやけど、それは良い意味で捉えればBGMとして流せるって事でもあんねやけど。でもこうやってソロの楽曲聴くとそれぞれの違いが分かってええな 笑。