世界初のソーシャルp2p仮想通貨銀行DatariusとDTRCのトークンセール

いつものようにBitcon Talkを覗いてたら、凄く面白そうなプロジェクトのトークンセールがあったので紹介。

P2P暗号通貨銀行 DatariusとDTRC

暗号通貨業界で初の金融機関を目指すDatarius。

要するに暗号通貨界の銀行です。

そして、そのICO(ITO)に参加して貰えるのがDTRCというトークンです。

ざっくりとですが、Datariusは

預金

通貨取引

直接融資

投資プログラム

中小企業向けクレジット

などをP2Pで行うそうです。

また、それぞれのサービスに対してのサービス料金も必要無いとのこと。

世界中の誰もが簡単に複数の口座を持つことができ、様々な金融商品の取引ができるというのは既存の銀行には無い強みですね。

P2P融資

・スマートコントラクトを利用することで、信頼性を強化と記録の自動化

・リスクレベル別に貸出申請を評価しグループ化

※P2P融資の利用には個人情報の記入と携帯電話の認証が必要

今後の主なロードマップ

4月→防衛的特許ライセンス(DPL)をコスタリカにて取得、独自ブロックチェーンの検証

5月→銀行サポート契約の締結、共同ブランドのIBAN / SWIFT口座とデビットカードの統合

7月→モバイルアプリケーションの開発に着手

10月→ベーシックバージョン公開

12月→ソーシャル機能の開発、モバイルアプリのテスト版のプレゼンテーション、

19年3月→モバイルアプリのリリース

19年5月→DTRCによる住宅ローンの貸付の開始

19年7月→クレジットカードの配布開始

以下略

金融商品への投資ができるようになるのはロードマップの最終段階の2020年の7月予定だそうです。

現在の状況

DatariusのITOは現在最終フェーズで調達金額は1606436ドル(約1億7千万)。

通貨の支払いは

BTC/BCH/ETH/LTC

の4種類。

トークンセールに参加する

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)