13inch MacBook Pro mid 2012の内蔵ディスクとバッテリーを自力で交換してみた〜パーツ取り付けとデータ移行編〜

その他 By ---

シリアル番号や型番が分からない!という人は過去記事を参照お願いします。

Time Machineって何?っていうレベルのど素人の自分が13inch MacBook Pro mid 2012の内蔵ディスクとバッテリーを自力で交換した方法を公開しています。

※交換はくれぐれも自己責任でお願いします。



購入した物

Seagate FireCuda 2.5″ 2TB SSHD 内蔵ハードディスク 5年保証 6Gb/s MLC/8GB 5400rpm ゲーム用 PS4 動作確認済み ST2000LX001

ORICO 2.5インチ HDDケース USB3.0接続 SSDケース SATA 3.0 ハードディスケース UASP対応 2TBまで

アネックス(ANEX) 精密ドライバー +00×50 No.3450

LENOGE MacBook Pro 13 Inch バッテリー A1322 A1278 (2009-2012年発売) 適用 Apple MB991 MC375 ノートPC バッテリパック 6000mAh 10.95V ブラック

初めてTime Machineを使う

色んな方のブログを読んでもバックアップに関しては「Time Machineでバックアップを取っておく」としか書いてない!ど素人の俺は「そのバックアップは外付けなんか内蔵なんか?どっちやねん!」状態。

 

とりあえず、ダメもとでTime Machineを起動させてみた。

そのまま内蔵ディスクにバックアップが取れてる人は特にここは何もせずとも良いですが、自分の場合は何故か内蔵ディスクにバックアップが取れなくて焦りました(他の方のブログ読むと全員内蔵ディスクにバックアップができてるみたいやのになんでやろ・・。)

 

内蔵ハードディスクが選択できなかった俺の場合

ちなみに自分の場合は

購入したSSHDを同じく購入したケースに入れて外付けとしてMacに接続→SSHDをフォーマット→Time Machine起動→この方の記事を参考にSSHDにバックアップ作成

※600GBくらいデータあったから7時間ぐらい掛かった・・・。

 

先に結論を言うと、このやり方はすごい無駄な時間が掛かった。あとのデータ移行の時間も含めると・・・

内蔵HDD→(約7時間)→SSHD→(約7時間)→HDD→(約7時間)→SSHDという途方もない無駄をした。お金に余裕がある人は、外付けHDDもう一個買った方が良いかも 笑。

バックアップが終わり、いざ分解!

当たり前ですが、バックアップのあとはMacの電源を切ってから分解に入ります 笑。

 

とりあえず、不具合があった時に原因が突き止めやすいよう、内蔵ハードの交換→データ移行→バッテリーの交換の順にやりました。

 

Step1 : 購入したドライバーを使って裏蓋を外す

6年分の汚れが溜まってた俺のMacBook・・・

予想してたけど、予想以上に汚かった・・・。たぶんMacBookの分解記事書いてる人の中で俺のが一番汚いと思う・・・誇りどころか砂利みたいなんも入ってたし 笑。

まぁ、海外にもよく連れてったしなぁ・・・よく無事でいてくれた。

ピンボケしてるけど、こんな埃がいっぱいあった・・・汚すぎてグレーじゃなくて茶色やった・・・。

 

できる限り頑張って汚れを落とした。他の人のブログを読むと「静電気で潰れることがある」みたいな記事があったから、ピンセットで取ろうかと思ったけど、コンビニでもらったプラスチックのナイフで頑張った 笑。

 

Step2 : HDDの交換

内蔵ハードディスクの交換に関しては

この方のブログ

が大変参考になりました。

HDDと繋がってるSATAケーブル?なかなか取れずに焦ったのですが、上に引っ張ると簡単に抜けます 笑。

そして逆の手順でSSHDを取り付けます。(俺の場合はStep1で外付けのケースに入れたから同じことやった人は、外付けのケースから取り出してからじゃないと入らへんよ!笑)

 

Step3 : データの復元

無事HDDが交換できたら次は復元。

1.元々入ってた内蔵のHDDを外付けで繋いだ状態でcommand + Rを押しながらMacの電源を入れる。

2.「Time Machine バックアップ」から復元ボタンを押す 。

3.ソース元に交換したSSHD、復元先を元々のHDD(外付け)に指定して、外付けにTime Machineのバックアップを取る。

4.完了したら、同じ方法で起動して、今度は今さっきバックアップを取ったHDD(外付け)からSSHDに復元→全部元どおり。

 

クソ無駄なことしてる感はあったけど、自分の場合何とかこれで無事データの移行ができました。

 

バッテリー交換

この方のブログ見ながらやったら超簡単でした 笑。

 

交換したパーツの使用感

SSHD

ぶっちゃけ今のところ、目に見える変化はない。相変わらず熱持ってるし、起動も別に早くないし・・・。まぁアプリケーションの起動やらに関してはSSHDはよく使う機能を覚えてってくれるらしいからこれから少しは実感するんかな?とりあえず750GBが2TBに変わっただけで個人的には半分満足してる。あとはSSDの1TBが1万円ぐらいで買えるのを待とう 笑。

 

バッテリー

たぶん対応してるバッテリーで一番安いやつやったんやけど・・・思ったよりバッテリー持ち良くない。あとAmazonのレビューで他の人が書いてるみたいに、0パーセントになる前に落ちるから怖い。だいたい20%ぐらいで突然切れる。正直「今すぐバッテリーが欲しくてお金が無い!」っていう人以外にはおすすめできんかなぁ。カスタマーサービスはきっちりしてるみたいやから、他の非純正品買うよりはええと思う。

 

感想

まぁ、以上こんな感じでど素人が頑張って自力でMacBook Pro Mid 2012のパーツを交換してみました。SSHDに交換したブログ記事が1つしか見つからへんかったからドキドキしたし、Time Machineでいきなりつまづいたけど、良い経験になりました。月末か来月頭あたりまで今回交換したパーツに不具合が無ければ今度はメモリの増設にも挑戦してみようと思います 笑。


カテゴリー:その他
タグ:家電