おすすめの海外取引所とおすすめコイン

量が多いのでそれぞれ簡単に紹介。

海外の取引所は煩わしいKYC(本人確認)を最初にしなくてもすぐに利用を開始できる。

大手・中堅・魔界(笑)・その他の順で紹介するので、決しておすすめ順では無い事を明記しておく。

大手取引所

大手取引所は当たり前やけど、流注量が多いので取引の成立が早い。逆に取引量の少ない取引所で起こり得る「売買したいのに成立しない」というような事が起こりにくい。これはボラリティの高い仮想通貨では非常に大切な事。また大手取引所はそこに上場するだけで一時的にでも通貨の価格が暴騰する事も珍しく無いので実際に取引で利用するかしないかは別にして常に動向は気にしておいた方が良い。

Binance

仮想通貨やってる人ならほぼ登録してるんちゃうかな?世界最大の取引所Binance。後述する独自トークンを利用すると格安の手数料で取引できるのでそれだけもメリット。

Binanceでおすすめのコイン

BNBトークン

BNBはBinanceの独自トークンで取引所の手数料をBNB払いにしてると通常手0.1%の手数料が0.05%手数料になるのでBinanceを利用するなら必須。ってことで必然的に取引所の需要が上がればBNBの価格も上がるという事です。あと、退避先として選ばれる事も多く仮想通貨市場が停滞している時に急に高騰したりするのでそういう意味でもオススメ。

※Binanceへの詳しい登録方法などは過去記事参照

Binanceへ登録する

KuCoin

こちらも仮想通貨では大手の取引所でBinanceには無いNEO建てで取引できるのが特徴でNEO系のトークンの取り扱いが多い。KUCOINは頻繁にTwitterで様々な通貨が無料に貰えるキャンペーンをやっているのでフォロー推奨。Binanceとは勿論ライバル関係やけど、Binanceに無い銘柄も取り扱っているので、2つとも登録しておいて損は無い。

・日本語で利用できる

KuCoinでおすすめコイン

KCS

KuCoinの独自トークン。取引所の支払いをKCSに設定すると手数料が30%割引になる。手数料の割引率としてはBinanceのBNBが50%オフに対して物足りひん印象やけど、KCSの最大の特徴は取引所利益(取引手数料)の50%がKCSトークンを持っているユーザーに毎日分配されるという点。勿論、多くのKCSを保有している分だけ利益も大きくなる。

KuCoinに登録する

中堅取引所

普通「中」という文字が着くと、「上よりは劣る」「下よりは勝る」という意味が強いけど、流れの早い仮想通貨市場に置いては例外。仮想通貨の市場では半年、いや、数ヶ月あれば下から一気に上位に来るのなんて通貨も取引所も当たり前の世界。仮想通貨の世界は取引所の運営者や所在地が不明なとこも多いので、先ほど挙げたBinanceやKuCoinみたいに流通量の多い取引所はそれだけで(ある程度は)信頼に値するし、大手でも取り扱う銘柄が多いので、実際大手の取引所だけで安心してかなり広い範囲の通貨をやりとりできる。わざわざ中堅以下の取引所を使用するにはそれ相応のメリットが必要で下記には、取引所は大手には無い魅力を持つ取引を紹介する。

Bibox

中国の中堅取引所Bibox。これも以前ブログで紹介した取引所で、2月4日の時点で取引所ランキングが26位だったものの、現在では9位という物凄い勢いで成長している取引所。Binanceが取り扱ってない通貨も多く、UIがかなりBinanceに似てる(ってか寄せてる?)ので、Binanceユーザーも違和感無く使える。

Biboxでおすすめコイン

BIX

BIXはBiboxの独自トークンで、その特徴は前述したBNBと同じで手数料をBIX払いにする事で0.1%から0.05%になる。更にBIXは持っているだけで(その週にBIXを取引する必要あり)毎週金曜日に取引所が得た収益の30%の配当が貰えるようになった!!しかも既に取引所の出来高ランキングが上位のBinanceに対してBiboxは9位。つまり伸び代はBNB以上!Biboxは規制の厳しい中国にあって追跡が難しいC2C取引のサービス等もあるので、個人的にも取引所自体の伸び代はかなりあると思ってる。ちなみにBibox内で最も取引量のあるのはBIX!!

※Biboxへの詳しい登録方法などは過去記事参照

Biboxに登録する

Bit-Z

こちらも中堅取引所で5/27現在取引量ランキングは11位。Bit-Zの取引手数料は0.1%で独自トークン払いによる割引は無いけど、取引所を介さず手数料が不要のOTC取引がある。DKKT建てがあるのも特徴で、DKKTとはデンマークの法定通貨デンマーククローネにレートを固定したもので、仮想通貨の世界ではおなじみのUSDTのようなもの。ちなみにデンマーククローネはユーロと固定相場でもある。

・日本語で利用できる

Bit-Zでおすすめのコイン

APIS

APISはマスターノード仲介のプラットフォーム。マスターノードとは、通貨を一定期間固定しとく事で一定の報酬が貰えるっていう。ただ、マスターノードは場合によっては複雑な技術や豊富な知識と資金が必要なので一般の人にはなかなか手が出しづらい。そこで、そんな知識も豊富な資金も必要とせずに個人投資家でも簡単にマスターノードを建てれるようにしようっていうのがAPISのプロジェクト。※5/27日現在、APISは不正な取引があった?とかで凍結中なので、現在取引できません。→取引再開。誠実な対応でむしろ個人的には好感度アップ 笑。

Bit-Zに登録する

Gate.io

最近チラホラ名前を聞くようになった取引所。新規通貨の上場のスピードが比較的早く、中華系の有望通貨を多く取り扱ってる。USDTとのペア数が多く、取引量もUSDTの出来高が多いのが特徴。でも個人的に一番「お!」と思ったのは、Quantum(QTUM)が基軸として取引できる点。別にQTUM押ししてるわけじゃないけど、こうやって基軸で個性出してくれると嬉しいな。まだまだQTUMペアは少ないけど 笑。

Gate.ioでおすすめのコイン

正直今のところここでしか買えない通貨で欲しい物は無い。QTUMも別に保有してないし。まぁ、今後QTUMペアがもっと増えてきてQTUM買い出したら使うかなーってぐらい 笑。

Gate.ioに登録する

魔界(笑)

中堅以下の取引所。仮想通貨の世界ではたとえ大手の取引所であっても突然の出金停止は珍しくないけど、大概の場合その原因はその通貨にある。ただここから先の取引所では、通貨自体には何の問題も無いのに取引所の不具合で入出金できなかったり、得体の知れない草コインが多くいので無価値のコインを掴んでしまう危険性だったりというのが格段増える。それでもそんな魔界の魅力は、新規通貨の上場スピードが格段に早く、そんなコインが数日の間で何百倍にもなるという夢がある。以下に挙げる取引所はそんなハイリスク・ハイリターンな取引所って事を理解して欲しい 笑。

Cryptopia

Cryptopiaはニュージーランドにある取引所で多くの草コインを取り扱う有名な取引所。個人的似も愛用しているし、ちょっと前までイチオシのSKY COINはここでしか買えず(最近Binanceに上場!)、頻繁にデポジットのトラブルで反映されるまでに1ヶ月ぐらい待たされる事もある。最もこれはSKY COINに対応するのが技術的に大変らしい(それなら体制整うまで上場すんなよ!とは思うけど 笑)。ただ、時間掛かってもサポートは対応してくれるし・・・魔界に分類したのはちょっと申し訳ないな。訂正します!

Cryptopiaに登録する

Yobit

さっきのCryptopiaは魔界じゃなかった。魔界はここ一択ね 笑。元祖草コイン取引所。ここでしか名前を見た事の無いようなコインが多く、超カオスな世界。流動性が無に等しいコインが多いので圧倒的にリスクの方が高いものの、突然吹き上げるコインもあるのでヤバい魅力がある。ちなみに芸能人のGacktが絡んで話題になったSPINDLE (SPD)もここで買えます 笑。

Yobitに登録する

その他

Bitsheresを利用した世界で最初のDEX(分散取引所)Openledgerの紹介。分散取引所は、一般的な取引所と違い第三者が介入しないのが特徴。大きなメリットとしては、取引所自体が潰れる事はまず無いので資産が安全ということ。大手であっても取引所がハッキングされる可能性も普通にあるのがこの世界。ってか大手ほど毎日攻撃受けまくってるらしいけど。デメリットとしては全部自己管理になるので誰も助けてくれない 笑。なので秘密鍵は絶対無くさないように!

Openledger

上で説明したから特に書く事ないや 笑。Openledgerの特徴は終身会員制度がある事。一定額のBTSを払えば終身会員にアップグレードする事ができ、手数料の大幅な割引や独自トークンの発行などができるようになる。終身会員になる為に必要なBTSはその時によって変化するみたいやけど、俺はだいたい3000円くらいで成れた。詳しい方法は過去記事参照。

・日本語で利用できる

Openledgerでおすすめのコイン

BTS/Bitshares

特にどれがっていうのは無くて、DEXはそれだけでメリットやと思ってるから。まぁとりあえずBTS払いにしとくと取引手数料が安くなるので持ってた方が良いと思う。

Openldgerに登録する

CryptoBrige

CryptoBrdigeも同じプラットフォームを使ってて、まぁOpneledgerと同じと思ってても差し支えない。同一アカウントでログイン可能。CryptoBridgeは日本マーケットに狙いを定めてる感じがめちゃくちゃして、日本人の間で話題になってる通貨がどんどん取引可能になってる。あと最大の特徴はBCOという通貨でステーキングができる事。ステーキングとは一定期間資産を預けておくことで利子がついて戻ってくる、まぁ定期預金みたいな感じ。1年間ステーキングすると預けたBCOが倍になって返ってくる 笑。その上CryptoBridgeのステーキングは預けたBCOに利子がついて返ってくる事プラス、2週間に1回CryptoBridgeの収益の半分が報酬として貰えてこれが凄いおいしい 笑。報酬は様々なアルトコインで分配されるので勝手にいっぱい増えていく 笑。

・日本語で利用できる

CryptoBridgeでおすすめのコイン

BCO/BridgeCoin

勿論ステーキングに必要なBCO。これからステーキング期間満了した人たちからの報告が上がってくると思うから、その時にまた注目されるんちゃうかな?と思ってる。あとはMonaコイン同様、コミュニティーの強い国産通貨のBitZenyとかも長期でなら持ってて面白いと思う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)