仕方ないので、MacBook Proを安く買う裏技を教えよう

というわけで、MacBook Proを安く買う裏技とかを見るべきポイントを教えようと思う。

ちなみに下に書いてる「方法2」はめちゃくちゃ安くなるけど、一番最初だけちょっとめんどくさいかも。でもこの方法はネットショッピングする時に何でも安く買えるからおすすめ。

方法1:価格.comで買う

価格.comで任意のモデルを安い順に検索して購入するのが一番簡単な方法。

一度見てみるとわかると思うけど、「学割」を適用させても価格.comの方がだいたい安い。学割の値引きはだいたい5%〜6%前後。

公式ストアの整備品は15%前後安いので、比べるとしたら「価格.com」と「整備品」の間で比べて安い方で買うと良い。でも、整備品は常に在庫があるわけじゃないので、むしろ欲しい製品があったらラッキー。ちなみに公式ストアの整備品は希に「4GB RAMの製品を買ったのに実際は8GBだった」みたいなラッキーがあるみたい。

方法2:Amazonや楽天で買う

価格.com内にはAmazonでの販売情報も含まれてる。

そんで、最安値のショップとAmazonや楽天のショップで価格差があんまり無い場合は、電子チケットサイトでAmazonギフト(や楽天ギフト)をチャージして買うのが考えられる限り一番安い

ってことで実際に6月6日の現在価格で比較してみよう

電子チケットを利用した裏技

試しに公式サイトから適当に商品をピックアップ

Apple MacBook Pro 第7世代(13インチ, 2.3GHzデュアルコアi5プロセッサ, 128GB) – スペースグレイ

というモデル。

公式ストアでの販売価格は154,224円 (税込)。学割価格は147,744円(税込)

同じモデルで現時点最安値の「東京電気」の価格は137,399円(税込)、Amazonは154,213円(税込)

ってことで、「東京電気」と「Amazon」の価格比較に移りますが、現時点でAmazonは全く安くない 笑

ところがここでちょっとした裏技を挟むことにより劇的に安くなります!

使うのは電子チケットサイト。

ここでは「Giftissue ギフティッシュ」というサイトを利用する。

ここでAmazonギフト券を購入して、Amazonの購入したギフト券番号を登録して使うだけ!ギフティッシュに登録して入金するのが若干面倒やけど、購入したギフト券はすぐ反映されから、何かと便利やで。

特に解説する必要は無いと思うんやけど、詳しい使い方を知りたい人は、他の方のサイトを読んでください 笑

https://webnooni.com/amazon-rakuten-gift/

というわけで、話を戻す。

ここで15万円分のギフト券を購入しますが、上の画像の場合、実際に払う金額は139,000円なので、11,000円得をしたことになります。

ギフト券の割引率は出品者によって違うから、毎回この金額かどうかは分からんけど、安いのはたしか。

あとは、このギフト券をそのままAmazonに登録して使用するだけ。端数の213円はギフト券で補えないから別途支払う。

ってことでギフト券代139,000円+Amazonで支払う端数213円=137,213円

ちなみにこのMacbook proは5%のポイントが溜まるようなので、137,213円からの5%還元で6,860円のAmazonポイントが貰える

つまり実質130,353円になって最安値で購入できる。

ほら、めっちゃ安いやろ?

まとめ

ネットでギフト券を買う→Amazonで買う。

これだけ 笑

この方法使って転売とかするなよ!転売とかすると巡り巡って全体的に相場が高くなるから良いことなんもないぞ 笑

Apple MacBook Pro (13インチ, 2.3GHzデュアルコアi5プロセッサ, 128GB) – スペースグレイ

安くて高性能のMacBook Proが欲しい人へのおすすめモデル

何を以って高性能と言うかは人それぞれやけど、「サクサク動く」ってことだけに重点置くんなら、古いけどMacBook Pro mid 2012非Retina ディスプレイ)がおすすめ。a

いやまぁ、古すぎて中古ぐらいしか無いと思うんやけど、これは最後の光学ドライブ(CD,DVDが読み込める)がついてるモデル。このモデルまでは自分でメモリ増設とかバッテリー交換とかが簡単にできるっていう物凄いメリットがある。

中古でだいたい3万円〜5万円くらいなんかな?

光学式ドライブ邪魔なら外せば良いし、空いたスペースにもう一個ハードディスク入れれるっていう 笑

たとえばこれなんか良さげ。

15.4インチで、新品の256GBSSD搭載で54,980円。メモリさえ16GB交換すれば十分なスペック。

メモリはAmazonで1万ちょいくらいで売ってるし。

とか言いつつ、結局今だにメモリ8GBで使ってるけど、イラストレーターとかフォトショップ使わん人は8GBで十分やと思う。それより起動速度に影響するSSDかどうかの方が重要かと。

メモリ16GBにしてSSDにしたら現行モデルと遜色ないくらいに快適になる(それは言い過ぎか)し、バッテリーヘタっても自分で交換できるからマジでmid 2012はおすすめです。

ただし、やっぱり分厚いし重い 笑

まぁとりあえず安くて良いスペックのMacBook PROが欲しいなら、mid2012の非Retinaモデルを狙って、「メモリ増設「HDD交換(SSD可)」「光学ドライブの取り外し」「バッテリー交換」ぐらいは裏蓋開けて簡単にできるっぽい(実際にやったのは自分の13インチモデルだけなんで絶対とは言えない)ってことを頭に入れて探すと良いと思う。

あと、ヤフオクとかメルカリの個人間取引はリスクあるのでおすすめはしない。しないけど、安く抑えたいなら使っても良いと思う。

俺も13インチのCorei7が4万円前後で売ってたら欲しい 笑

そういや、過去にこんな記事書いてて、この時に調べたパーツの値段を参考にしてくれれば。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)