追証なしの仮想通貨FXを超絶簡単に説明してみた(つもり)

最近仮想通貨をはじめた人が多いせいか、皆んな目の色が¥になってて毎日ダイヤの原石探してる人が多い気がする 笑。

まぁ人の事言えへんけど。

そら仮想通貨はある日突然100倍1000倍になる事も珍しくない世界やけど、逆に言えばそれがいつ来るかなんて分からへん。

お金増やしたいなら一番良いのはある程度メジャーな通貨を長期間ホールドしとく事やと思うけど・・・でもある程度リスクを犯しても今すぐ100倍、1000倍に資産を増やしたい!!って人もいると思うので、できるだけリスクを犯さないで今すぐ100倍や1000倍に資産を増やしたい人向けの取引所とそのサービスを紹介しようと思う。

俺と同じくらいの頭しか無い人の為に中学生でも分かりやすく解説した(つもり) 笑。せっかく書いたんでできる限り最後まで読んでください。以下、その記事。

あ、あと先物・FX・信用取引の違いがあんまり分かってないからとりあえず先物って書いてるだけです 笑。ビットコインのレバレッジ(後述)取引って先物・FX・信用を跨いでるみたいなんで。まぁ、そんな小難しい事分からんくても大丈夫!実際やってて困ってないし。

即稼ぎたいならビットコインの先物取引!

先物取引って聞くとめちゃくちゃ難しそうでリスキーなイメージがあるけど、やってみると思ったより簡単やった。先物取引っていうのは要するに「先に物を取引する」っていう意味で、金払う前に買ったり、売ったりできるっていう事。

ってことは、儲けるには単純に「安い時にビットコインを買って高くなった時に売る」か「ビットコインの価格が高い時に売って安くなった時に買い戻すか」のどっちか。

高い時に売る、安い時に買い戻すって何やねん?

先物取引した事ない人やったら後者の「高い時に売って、安くなった時に買い戻す」っていうのが意味わからんと思う 笑。俺もそうでした 笑。

最初に書いたように、先物っていうのは金払う前に物のやり取りができるから、「売り」からはじめる事もできる。でも、ひたすら売りまくってたら誰でも儲かるやん。

世の中そんなに甘くなくて、「売り」から始めた人はいつか「売った量と同じ量買わなあかん」やから買い戻すって表現やねん。

買い」からスタートするのが「ロング

売り」からスタートするのが「ショート」って言う。

その買い戻すタイミングが最初に売った時点より安い時に買い戻せたら、その分が利益になるってこと。

で、先物取引にも場所(取引所)によってルールがあって、例えば期間が決まってるとこ。

わかりやすく期間が1週間のとこやったら、1/1に1BTCを100円(ツッコミはいりません 笑)でショートした(売った)としたら、1/7までに1BTCを買い戻さなあかん。期間内やったら自分の好きな時に売れる。例えば1/2に1BTC=90円になった時に1BTCを買い戻したら10円の儲け。でも欲張って「もうちょい下がってから買い戻したらええか」とか思ってるうちに110円120円になって「やばいやばい・・・」って思ってるうちに期限である1/7を迎えたらその時点のその価格で強制的に売られる。例えば1/7に1BTC=1000円になってたら、最初に100で売ったのに強制的に1000円で1BTC買い戻されたから900円の損。って感じ。

あと、手数料取られるとことか。1日○○円みたいな。例えば1日10円取られるとして、1BTC=100円の時にロングした(買った)ら、最初は110円ぐらいになったら売ろうと思ってたのに 12日経ってもうたから、1BTC=220円の時に売って丁度プラマイゼロやんけ!みたいな 笑。

恐怖の追証

先物の怖いイメージって絶対コイツのせいやと思う。俺も先物の意味わからんかったけど借金まみれのイメージあったもん。

追証ってのは、担保にしてるものの価格以上に損失が出た場合に期日までに払わなあかん制度の事。

「は?」

っていう気持ちは分かる、ほんま分かる 笑。

要するに、例えば1BTC=100円でショート(売り)したとして、その後価格がどんどん上がっていって気づいたら「1000円なってる!」みたいな、そんで買い戻さなあかんけど取引所に「1000円も入ってへんから買い戻そうにも買い戻されへん・・・」みたいな状況。そん時に「おら、足りてない金払え!!」って取引所から催促されること。ちゃんと払わなあかんから借金と同じやな。

レバレッジとは

レバレッジっていうのは、持ってるお金よりも多い倍率で先物をできる呪文的なやつ。

例えば100円しか持ってなくても「10倍になれ!」ってレバレッジ10を選択したら、1000円分の取引ができる。1BTC=100円やったとしたら、レバレッジを10倍掛けて1000円分の取引できる。100円から10円分だけ上か下かに値動きがあっても1000円なら100円分プラスかマイナスになるから、レバレッジを掛けるほど少ない値幅で資産が増減するってこと。つまりリスクも10倍 笑。

長々と書いたけど、つまり先物取引っていうのは価格が上がるか下がるかを予想して、その価格差の分だけ儲けになるってこと。で、それに付随するものとしてレバレッジっていう魔法があったり、強制決済っていうゲームオーバーのルールとか、追証っていう取り立てが居たりするゲームみたいなもんかな 笑。

で、まぁ個人的にも追証なんてリアルに人生終わる可能性があるほど自分の決断に自信が無いからこれから紹介するとこは全部追証無しのとこ。詳しくは取引所の項目で説明するけど、一番最悪でも取引所のお金が全部無くなるぐらい

国内取引所

ZaifのビットコインAir FX


Zaifで利用できるビットコインAir FXは、ビットコインの現物を取引するわけじゃないけど、実際の価格に近い価格で取引できる。追証無し、レバレッジは1倍〜最大25倍まで。

やり方

1.「主要通貨」→「BTC Air FX」を選択

2.

①ショートかロングかを選択

②注文したい価格

③買い(もしくは売り)たい量。右側は「必要証拠金」(後述)。この場合は239.88円の範囲内でやりますってこと。

④リミット→利益の確定価格。写真では、1BTC=1979705円でロング,1BTC=2000000円になったら利益は十分やから売ってくれ!っていう設定。

⑤ストップ→これ以上損したら嫌や!ていう価格。写真では1BTC=1930000円以上下がったら、それ以上損したくないから売ってくれ!っていう設定。右側のロスカット画面、1923735円は、この価格以上BTCの価格が下がると「必要証拠金」(後述)で預かってる239.88円以上損するから強制的に決済する=239.88円無くなってゲームオーバー。

必要証拠金とは?

Zaif Air FXは、追証が無いので「必要証拠金」として担保として資産が拘束される。要するに人質。ロスカット価格を下回った時は人質を売却するからって話。

239.88円分の人質

とまぁ、ZaifのAir FXはこんな感じ。

レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンなので熱中しすぎには注意して。

ちなみにZaifでレバレッジ取引をする為には本人確認が完了していないとできません。

Zaifへの登録はコチラ

今すぐ億万長者になりたい勇者はBitMEXへ

レバレッジ25倍なんぞ生ぬるい!」という猛者は、日本語対応している海外取引所のBitMEXがオススメ!追証無しで最大レバレッジはなんと100倍!!狂ってる!!日本の取引所みたいに煩わしい本人確認書類なんて不要メルアドだけで登録できます。原資が1万円なら100万円、10万なら1000万円分、100万なら1億円分の取引が可能!レバレッジは1〜100倍までで、国内取引所じゃ物足りないけど100倍は流石に・・・という方には50倍もあります。ビットコインだけでなく、アルトコインでもレバレッジ取引ができるのも魅力。

やり方

1.アカウントをクリック

2.入金をクリック

※BitMEXではBitcoinはXBTと表示されます。

3.入金用のアドレスに送る

※入金の受付はビットコインのみ。最小入金額は 0.0001BTCから。

注文画面

①数量→いくら分買うか

②指値→1BTCの値段

③ショートorロング(or 傍観 笑)

④現在価格

⑤レバレッジ→1/2/3/5/10/25/50/100倍まで。

※BitMEXはBTC/USD建てのみ

ちなみにココから登録すると6ヶ月間、手数料が10%オフになります。

まとめ

とまぁこんな感じです。かなり分かりやすく書いたつもりやけど、自分がだいぶアホやからちゃんと他人が理解できるように書けてるか不安 笑。自分がZaifのAir FXをやり始めた頃もネットで検索してみたけど、たぶん皆めっちゃ丁寧に書いてくれてたけど理解できんかった。そんでドキドキしながらやってみたら一瞬で理解できた 笑。結局やってみる事が大事なんやと思う。興味を持った方は超少額でも良いからやってみた方が勉強になるし良いと思う。まぁ自己責任やから強制はせえへんけど。とりあえず「追証ってのが無いからマイナスになっても後からお金を請求される事はない」って事が理解できただけでだいぶ不安が軽減すると思う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)