覚えてるようで覚えてなかった!感動してボロ泣きした映画「A.I / Artificial Intelligence」

だいぶ昔に何度か観た映画やと思ってたけど、全然覚えてなくて号泣してもーたが!

この映画を一言で表すなら「愛」という呪いに掛かってしまったロボットの哀しい話。

植物状態になってしまった息子を持つ夫婦の下に、息子の代用品としてやってきたロボットのデイビット。

デイビットは他のロボットと違い、はじめに親としてインプットされた人間を愛すロボットで、同時に愛される事も欲し、まさに本物の子どものよう。

最初のうちは家族の中で幸せに暮らしていたものの、本物の息子が奇跡的に植物状態から回復したり、母親に愛されたいが為の行動などから幾つかのアクシデントが重なった結果、結局母親に捨てられてしまい、そこからデイビットの「本物の人間の子どもになる」為の長い旅がはじまる。

この映画を観て感じた事は、まず第一に人間の身勝手さ。

感情を持った人間に限りなく近いロボットを開発しておきながら、その感情がまるで分からない科学者や、嫁の為に息子の代用ロボットを与えて何とかしようとする夫(しかも、自分がデイビットを家に迎え入れといて結構早い段階から嫁に廃棄するように警告してる)、そしてまるでペットの様にデイビットを捨てる母親など。

そして、「人間は何故人間なのか?」と疑問に思った。

デイビットには感情がある、考えて動ける想像力もあるし、愛を与えもするし欲っしもする。母親もデイビットを溺愛するも最後には捨てられる。それは結局デイビットを人間として見てない証拠でもある。仮にデイビットが本物の人間なら、幾ら家族を傷つけたからといって捨てへんやろ。自分が産んだ子じゃないから?うーん・・それでも捨てるっていう選択肢が出てくるかな?人間みたいに寿命が無いからかな・・・?でも人類は長生きするのを望んでて日々その為に医療も進歩してるのになぁ・・・。人間を人間たらしめる理由がわからん。

でも、デイビットがどう思ってそういう行動を取ったのか?っていうは映画を見てる側しか分からん事なのも事実で、母親の視点だけ切り取って、世の中の母親に意見聞いたら「そら捨てるやろ」って言う人多いかもしれへんな。

ま、所詮フィクションやけど・・・今のとこ

良い涙が流れる映画じゃないけど、A.Iは名作やった!

A.I / Artificial IntelligenceはAmazon Primeで視聴できます

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)