Mogwai Coinが気になる

先日、TwitterのタイムラインでFcoin ExchangeのFcoin Taken(FT)というものを知った。

何でも取引所の収益の80%を保有者に分配するだとか(←ちゃんと自分で調べてない)。

ということで、BiboxのBIX token買い増すか迷ったけど、せっかくやしFcoin Exchangeに登録して購入してみた。

0.00036ぐらいで購入(画像の黒表記のとこらへん)。

そんで今現在0.00026ぐらい。

おもっきり下がっとるやんけ! 笑。

Twitterで知ってからの購入では遅いという教訓を得ました 笑。

未だにこのトークンの事調べてないけどそんな注ぎ込んでないし、様子見て買い足してみようかなとか思ったり。

素直にBIX買っとけば良かった 笑。

一方、APISは順調な値上がり。

APISはねー、ICOに参加する為にメール登録してたけど結局買ってなかった 笑。

で、最近Bit-Zに上場した事で買ってみた。

いやーホンマICOに参加しとけば良かったなーと後悔してる。

途中参加でも期待してるからホールドするけど。

あと、相変わらずSKYとADKはホールド。

SKYはBinance上場後に買い増しした分のSKYが少し足引っ張ってるけど、長期ホールドやからノープロブレムやし、ADKは詳しい人のTwitter眺めてたらプロジェクトは良い感じに進んでるっぽい(←全然自分で情報追ってない 笑)

そんで最近、これまた全然意味わからずにAirDrop参加で着実に枚数を増やしてるMogwai Coin(MOG)。

理由は

アイコンが超かわいい 笑。

グレムリン?やっけ?、ええんかな?こんな丸パクリのロゴ。

まぁとにかく、このコインをAirDropで貰いまくってるわけやけど、紹介するに辺り、はじめて公式サイトからGoogle翻訳にぶち込んで流し読みしてみた 笑。

Mogwai Coinは、ブロックチェーン技術にゲーミフィケーションを追加するという理想に基づいた、実験的なブロックチェーンプロジェクトです。 21世紀のアダプティブで最先端の暗号化技術であるダッシュを飛び越えて、我々は、マスナノード技術、瞬時で安全な決済、匿名取引、コミュニティのための最後の重要な要素のような強固な機能を提供することができます。

だそうです。

ちなみに《ゲーミフィケーション》とは、コンピュータ・ゲームのなかで特徴的に培われてきたノウハウを現実の社会活動に応用することで、実社会の問題などに活用することらしい。

よく分からんけど、例えば勉強アプリとかもゲームフィケーションの1つなんかな?

まぁ何が良いって、まだ取引所の上場されてない段階やから全然注目されてないけど、Discode内のメンバーにランダムで送られるAirDropがあったり、Telegram内のクイズ大会だったり、結構な数のMOGを毎日ばら撒いてる!

そしてまだまだ参加人数が少ないから貰いやすい 笑。

Mogwai Coin公式サイト

1 Trackback / Pingback

  1. 6月6日の仮想通貨日記 – GO WITH THE FLOW

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)