【2020年版】仮想通貨で儲けたい人が登録しておくべき取引所やサービス

仮想通貨 By ---

私もそうなんですけど、ここ最近のDeFiブームで仮想通貨に興味をもった人や、改めて現物を触ってみようと思っている人も多いんじゃないでしょうか?

そんなわけで2020年の今、仮想通貨で儲けるために登録しておいた方が良い仮想通貨のサービス?を紹介します。



FTX

2020年現在、最も勢いのある取引所と言っても過言ではありません。

というか、私は途中で一旦仮想通貨辞めたんですけど、ずーっと情報追ってた人たちがみんな使ってるんですよね 笑

FTXは先物を中心とした仮想通貨取引所なんですが、やっぱり現物が右肩上がりに上昇してた時代と違って、暴落でも利益が出せる先物取引がやっぱりガチ勢からしたら必須なんでしょうね。

しかも日本語で使えるし。

復帰してからこの取引所の名前をよく聞くようになったんですけど、こんなブログやってて自分で言うのもアレですけど、海外取引所ってメリットがあっても怖いじゃないですか。

でもここはBinanceと戦略的パートナーシップを結んでるという安心感もあるんで、心配する必要はないかと。

FTXでは基本的には下記の取引ができます。

  • スポット(現物)
  • FUTURES(先物)
  • レバレッジトークン
  • スペシャル

先物というと『追証』などの怖いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、FTXはゼロカット(=最大のリスクでも残高が0になるだけ)の取引所なので、入金額以上の損を被ることはありません。

現物取引

現物は解説する必要もなくそのままの意味です。

当然、現物で保有している通貨は出金可能です。

先物

FTXでは、上場している全ての銘柄でレバレッジをかけてトレードする証拠金取引ができます。

FTXの先物取引は、決められた日に清算する『期日先物』と『無期限先物』の2種類が存在します。

レバレッジトークン

FTXの人気の理由。

これが何かというと、要するにXRPだったりETHだったり、通貨自体にレバレッジが掛かってるトークンを売買できるということです。

例えばレバレッジ10倍のトークンには『MOON(ロング)※反対にショートはDOOM』と名前がついていて、ETHならETHMOONという名前のトークンになるわけですが、現物と同じ値動きをします

通貨自体にレバレッジが掛かっているということは、単純に強制ロスカットがないというメリットがあります。※自動でポジションを調整してくれるので強制的に清算されない

もちろん、強制ロスカットがないので、逆方向に値動きしてしまうと決まった倍数分の損になりますけどね。

とはいえ、『少ない証拠金でレバレッジ取引ができてロスカットがない』というのは非常に魅力です。

ちなみに『スペシャル』というのは、ビットコインのハッシュレートの先物だったり、大統領選の結果を占うトークン(例えばTRUMPトークンは、トランプが大統領選に再選したら1ドル、落選すれば0ドルになるトークン)など、ユニークな商品もあります。

COINLIST

COINLISTはICOなどトークンによる資金調達のサポートを行うためのプラットフォームです。

最初に説明するとここに登録するメリットはざっくり3つ。

  • 有望銘柄のトークンセールに参加できる
  • 取引所としても利用可能
  • 有望銘柄のAirDropがもらえるかも

仮想通貨を多少なりとも触っていた人にとってICOというと、玉石混合入り混じったハイリスクな投資というイメージを持つという人も多いと思います。

というか、実態のないゴミみたいなトークンをICOで販売して、上場後に運営が売り逃げしたり、そもそも上場されなかったり・・・まぁいわゆる詐欺みたいなのが横行しています。

まぁ難しいことは置いといて、COINLISTでトークンセールを行う側は米国証券取引委員会(SEC)の基準にのっとって証券法を守りつつ販売を行い、参加する側もこれに準じた、適格投資家に限られます。

要するにお互いに身元がきっちりしてて、法律に則った形なわけで、公式サイトから直接参加する形のICOとは安心感が全く違います。

205億円の資金を調達したFilecoinも過去にここで資金調達を行っていますし(というかFilecoinの運営がProtocol Labs社とAngelListであり、この2つがCOINLISTの運営なんですが)、他にも2019年にメインネットをローンチしたNERVOS、Binanceにも上場しているAlgorand、Ocean Protocolなど、有望銘柄の数々が過去にCOINLISTで資金調達した実績があります

また、まだ上場はしていませんが、Dfinityは約3500万ドル相当のトークンをCOINLISTユーザーにAirDropするなど、とにかく将来的な有望銘柄をいち早くゲットしたいなら登録しておくべきサービスです

ちなみに通貨ペアこそまだ少ないですが、COINLIST PROという取引所も利用することができ、取引所開設にあたりTwitterのCEOであるJack Dorseyらから資金調達も行っています

BitCopy

仮想通貨は少額投資でも夢を観れますが、その反面、トレンドの移り変わりが早すぎるので常に情報を追っていないと利益を出し続けることは難しいです。

専業トレーダーならいざ知らず、副業でトレードをして利益を出すのは指南の技です。

そういった時に役立つのBitCopyというサービス。

このサービスはかなりシンプルで、BitCopyに登録している好きなトレーダーを選んで、その人のトレードを丸ごとコピーしてトレードをするという夢のようなサービスです

しかもコピーできるトレーダーの中にはROI(投資利益率)300%を超える人もいます!!

もちろん、100%利益が保証されるものではありませんが、各トレーダーの取引内容や収支を見れるので、素人が適当に手を出すよりは利益が出る確率は多いですし、自動でトレードしてくれるので、自分が課したルールが守れずに損しがちな人にもおすすめです

ちなみにBitCopy自体には取引所の機能はついておらず、前述したFTXやBybit、Derbitなどの取引所と連結させることで自動トレードが可能になります。

逆にトレードに自信のある人は、自分がトレーダーとして登録することによりフォロワー(自分のトレードをコピーしている人)の約定代金の一部を報酬として受け取ることができます。

何より無料で使えるので、よく見る『自動売買ツール』のような怪しい情報商材に登録する必要は全くありません。(BitCopyはただのAPI連結サービスではなくFTXと資本業務提携を結んでいます

Binance

多少なりとも仮想通貨取引の経験がある人なら絶対登録しているであろう取引所

もはや説明するまでもありませんが、現在でもBinance上場のアナウンスが流れるだけで暴騰するなど、2020年の現在も業界を牽引する存在感を放っています。

仮想通貨は有象無象の銘柄を見分けるのが難しいので、そういった点から見るとBinance上場銘柄はそれだけである程度の信頼感があります。(最近ではSUSHIという例外もあったけど)

Binanceは常に進化を続けており、最近では『Launchpool』という、既存のトークンをステーク(預け入れ)することで新たに別のトークンを報酬として得ることができるシステムを実装するというアナウンスが出ています。

そういった最先端の取り組みはもちろん、個人的にはBinance内のトレードで余った端数の残高を寄せ集めてBNBトークンに変換できる機能など、細かい点でも便利な機能が多いので使いやすい取引所だと思います

Binance Futures

仮想通貨取引所最大手『Binance』の先物取引所。

以前までは先物というとBitMEXが圧倒的に人気でしたが、Binance Futuresでは最大125倍のレバレッジ取引ができるので、少ない資金でも大きなポジションを持つことができます。


カテゴリー:仮想通貨