2018年の仮想通貨はインカムゲインで儲ける

投資 By ---

仮想通貨やってると毎日の値動きにだんだん疲弊してくる。

「絶対気絶する」とか言うてても、結局値動き見てもうて、他のコイン欲しくなるからトレードしてもうて・・・結果「そのまま持っときゃ良かったやんけ」っていう失敗が死ぬほどある 笑。

ま、日本円も一緒やけど基本的に貯金できひん性格やねんなぁ。

同じような性格の人はステーキングしたら良いと思う。



BCOのステーキングとは?

BCO(Bridge Coin)っていうのは詳しい説明は置いといて、とにかくCryptoBrigeっていう分散取引所が発行するコイン。そんでBCOのステーキングとは、保有するBCOを一定期間取引所に預けて置く事で配当が貰えるというもの。

配当はなんとCryptoBrigeの収益の50%!!

それがBCOの枚数に応じて分配されます。

CryptoBrigeが儲かりゃ儲かるほど恩恵が受けられるという素敵な仕組み。

預け入れの期間は自分で決めることができ、期間によってボーナスが付きます。

貯金できひん俺は12ヶ月にした 笑。

デメリットとしては預け入れてる間にBCOの価格が暴落しても売買できないっていうこと。

分散型取引所と取引所の違い

簡単に言うと、分散型取引所(DEX)は取引所がGoxする(潰れる)可能性が無いっていうこと。

通常の取引所の場合は、ハッキングを受けた場合一度に大量の資産が盗まれる危険性があるし、たとえ自分の資産が盗まれて無くても、取引所が潰れてしまえば預けてた自分の資産もろとも消滅してしまう。

過去にはMt.GOXやら、つい先日はCoincheckがハッキング被害にあってたけど。(被害者には日本円で返金する事になったみたい)

まぁそんな感じで、仮想通貨においてハッキングっていうのは結構当たり前に起きる事で、幾らセキュリティー対策してても今後も同様の被害は出てくるやろう。

分散型取引所はブロックチェーン上の取引所で、個人情報すら送る必要が無く(中央管理者がいないから!)、取引所のネットワーク自体が潰れることはないから普通に考えればこれからの時代は分散型取引所が主流になってくる。(法規制が足を引っ張る可能性はあると思うけど)

そういう事を考えると、取引所の収益の半分が分配されるBCOのステーキングは激アツな投資やと思ってる。

BCOのステーキングのやり方

1.登録する

※上記のリンク先はOpenledgerですが、CryptoBrigeにも同じアカウントとパスワードで取引できます。

2.送金する(手数料が安いからBCHかMONAでの送金がオススメ!)

3.BCOを買う

4.「アカウント」→「Bridge Coinステーキング」から預けたい枚数と期間を選択して終了。

Lifetime memberにアップグレードすると更に色々な特典を得ることができます。

記事はコチラ

Skycoinのステーキング

それともう1個おもろそうと思ってるのはSkycoinのステーキングね。

参考になるか分からんけど、Skycoinについては過去記事にざっくり書いたから読んでみて下さい。

マイニングが無い?次世代暗号通貨Skycoin(スカイコイン)とは?

SkycoinでCoihourのステーキング

SkycoinはSkywalletに入れとくとCoinhour(Skyhourという名称に変わりました)というものが溜まっていく。このskyhourはETHのGasみたいな感じで使われるらしい。今のところ、このCoinhourがどこで売買できるようになるのか全然分からへんけど、枚数や期間とか関係無く、ウォレットに移しさえすればオフラインであっても溜まっていくのでSkycoin持ってる人はとりあえずウォレットに移しておいた方が良い。


カテゴリー:投資
タグ:仮想通貨